3.試験研究助成 B

助成対象 将来、日本の工作機械関係の学者、研究者または工作機械産業界の技術者を一人でも多く生み出すための助成で、工作機械の開発、生産、利用等に関する技術の進歩につながる試験研究であって、自らの発想による独創性、新規性を有するもの
助成対象者 後期博士課程に在学中あるいは後期博士課程に進学予定の学生
試験研究期間 原則として1年間とする
ただし、期間延長を希望する場合は新たに申請すること
助成金額 50万円/件
助成件数 平成28年度は10件程度とする
ただし、状況により増減することがある
募集方法 公募による
応募期間 平成28年12月開始、平成29年3月31日締切
申請書類 所定の申請書用紙を使用のこと(下記よりダウンロード)
助成の決定 当財団の審査委員会で助成候補を推薦し5月の理事会で決定する
助成金の交付 助成決定後、所定の手続きが完了次第交付する
報告書の提出 助成金交付後1年3ヶ月以内に提出のこと
提出された報告書は、広く関係者に利用して頂くために製本し、関係機関(大学、技術関係団体、工作機械関連工業団体等)に配布し、普及啓発を行なう

試験研究助成B申請書ダウンロード

試験研究助成B 申請書

試験研究助成一覧

過去の助成をご案内します。

ページトップへ戻る