平成27年度事業報告書

(平成27年7月1日から平成28年6月30日まで)

Ⅰ 公益目的事業

本年度の各事業は、平成27年6月に開催の理事会において承認された平成27年度事業計画に基づき、ほぼ予定通り実施した。

1.試験研究助成事業

本年度(第37次)の試験研究助成は、研究職在職者を対象とする試験研究助成Aと大学院在学者を対象とする試験研究助成Bを公募し、以下の通り助成を行った。
また、第35次に助成した試験研究の報告書を発行し、関係機関に配布した。

1.1  試験研究助成A

第37次の試験研究助成Aには工作機械関係団体からの推薦は0件であったが、全て自薦による36件の応募が有り、過去最高の応募件数となった。審査委員会の慎重な討議を経て助成候補が推薦され、5月の理事会において表1に示す10件の試験研究に対し助成を行うことを決定した。
また、助成を決定した研究者には、研究成果の実現につながり、併せて、今後の研究環境基盤の強化にも寄与することを期待して、審査の過程で討議された見解を「試験研究助成に際してのお願い」と題した文書にし、試験研究助成証書に添付して授与した。
助成金額は1件当たり200万円、試験研究の期間は1年となっており、得られた成果の報告書は、平成29年8月末日までに提出される。

これにより、当財団がこれまで(第1次から第37次まで)に助成した試験研究Aの合計件数は217件となった。

表1 第37次試験研究助成A 所属機関50音順

管理No. 試験研究テーマ 実施機関及び研究代表者
A-224 自薦 蛍光発光標識法を用いた研磨面内砥粒挙動のその場観察手法の基礎研究 秋田大学工学資源学研究科
准教授 野老山 貴行
A-225 自薦 静圧超音波スピンドルを搭載した
超音波振動研削装置の開発
一関工業高等専門学校
准教授 原 圭祐
A-226 自薦 パラレルメカニズムを用いた
高速・高精度 NC 電解加工法の開発
金沢大学理工研究域       機械工学系
助教 小谷野 智広
A-227 自薦 UV アシスト研削による単結晶 SiC ウェハの高能率鏡面仕上げ 京都工芸繊維大学        機械工学系
助教 山口 桂司
A-228 自薦 積層構造材に対する高精度切削法の研究 熊本大学大学院         自然科学研究科
准教授 坂本 重彦
A-229 自薦 放電・研削複合工具による CVD-SiC 非球面金型の超精密表面創成 慶應義塾大学理工学部     機械工学科
教授 閻 紀旺
A-230 自薦 工作物の機上計測による 5 軸制御工作機械回転軸の幾何誤差同定 神戸大学大学院          准教授 佐藤 隆太
A-231 自薦 ダイヤモンド砥粒の光学特性を用いた
研削工具解析に関する研究
佐世保工業高等専門学校
准教授 坂口 彰浩
A-232 自薦 加工途中形状の最適化に基づく
荒加工工程の体系化に関する研究
東京農工大学大学院工学府  機械システム工学専攻
准教授 中本 圭一
A-233 自薦 「ピーリング工具」を用いた放電加工による
微小径・高アスペクト比穴あけ技術の開発
長岡技術科学大学
工学研究科 技学研究院
助教 田辺 里枝

1.2  試験研究助成B

第37次の試験研究助成Bの計画助成件数は10件に対して自薦で1件のみの応募が有った。     審査委員会の慎重な選考を経て推薦され、5月の理事会において表2に示す1件の試験研究に対して承認され助成を行った。                                 これにより、当財団がこれまで(第1次から第37次まで)に助成した試験研究Bの助成件数は17件、AおよびBの合計助成件数は、234件となった。

表2 第37次試験研究助成B 所属機関50音順

管理No. 試験研究テーマ 実施機関及び研究代表者
A-234 自薦 減衰力フィードバックに基づく
能動的振動抑制手法の開発
慶應義塾大学理工学研究科 後期博士課程
山田 雄基

1.3  第35次試験研究報告書の発行
本年度は、表3に示す平成25年度(第35次)に助成した試験研究Aの7件の成果報告書が提出されたので、印刷、製本し、関係機関(大学、技術関係団体、工作機械関連工業団体等)に配布した。 発行部数は各225部。

表3 第35次試験研究助成報告書の発行  所属機関50音順

管理No. 試験研究テーマ 実施機関及び研究代表者 発行月
A-208 A パルス大電流を用いた CFRP の高速・低損傷せん断切断技術の開発研究 愛媛大学大学院
理工学研究科
教授 黄木 景二
H27.8
A-209 A 装置構成のシンプル化を可能とする
マルチワイヤ放電スライシング法における給電方式の開発
岡山大学大学院
自然科学研究科
准教授 岡本 康寛
H27.10
A-210 A 空間5自由度パラレルメカニズムによる自由曲面の鏡面仕上げ法の開発 金沢大学
理工研究域機械工学系
助教 岡田 将人
H27.8
A-211 A 被削材のボクセルモデルを用いた
エンドミル加工の切削力シミュレーションと適応制御への適用
神戸大学大学院
工学研究科機械工学専攻
教授 白瀬 敬一
H27.11
A-212 A 超精密多軸機上計測を用いた
セッティング誤差補正手法の開発
東京農工大学大学院
機械システム工学専攻
准教授 中本 圭一
H27.10
A-213 A 電解液吸引工具による工作機械案内面の油だまり形成に関する研究 東京農工大学大学院
工学府 産業技術専攻
教授 夏 恒
H27.10
A-214 A 集束イオンビームによるダイヤモンド切削工具の表面改質とその応用 富山県工業技術センター
主任研究員 川堰 宣隆
H27.8

2.論文表彰事業

平成27年度に発表された工作機械技術関連の論文を対象とし、工作機械技術振興賞として論文賞および奨励賞の2種の表彰を行った。

2.1 工作機械技術振興賞・論文賞

本年度は、(一社)日本機械学会、(公社)精密工学会、(公社)砥粒加工学会の3学会からの推薦に加え、初めて自薦、他薦を含む一般公募を実施し、初めて海外からの応募があった。       応募件数は3学会からそれぞれ3件、5件、4件、台湾機械工業同業公会推薦3編、自薦5編、他薦2編、合計22編であった。
審査委員会の慎重な審査を経て論文賞候補を選出、5月の理事会において表4に示す7件の論文を論文賞として決定した。
対象論文は工作機械の技術の進歩に寄与するところ大であり、平成28年6月20日に開催した贈賞式で、第37回工作機械技術振興賞・論文賞として賞状ならびに金50万円/件を贈呈し、表彰した。

これにより、当財団がこれまで(第1次から第37次まで)に贈呈した工作機械技術振興賞・論文賞の合計は、論文数225件、受賞者数786名となった。

表4 第37次工作機械技術振興賞・論文賞 所属機関50音順

論文題名 著者名 所属機関 掲載誌
Abrasive-Free Polishing of Single-Crystal 4H-SiC with Silica Glass Plates 久保田 章亀
畑迫 勇太
田北 隆浩
峠      睦
熊本大学大学院
熊本大学
熊本大学大学院
熊本大学
ECS Journal of Solid State Science and Technology
4 (12) (2015)
p.468~475
ホイールによるガラススクライブ中の亀裂進展観察と内部応力の可視化 松坂 壮太
溝渕 玄太
比田井 洋史
千 葉    明
森 田   昇
大沼  隼志
千葉大学大学院
日本発条(株)
千葉大学大学院


(株)フォトロン
精密工学会誌
81巻、3号
(2015)
p.270~275
High-precision and high-speed positioning of 100 G linear synchronous motor 佐藤 海二 東京工業大学 Precision Engineering
Vol.39 (2015)
pp.31~37
Observation of relationship between bubbles and discharge locations in EDM using transparent electrodes 北村 朋生
国枝 正典
阿部 耕三
東京大学大学院

濱田重工(株)
Precision Engineering
Vol.40 (2015)
pp.26~32
純チタンへのナノ秒パルスレーザ照射による生体活性表面の創成 水谷 正義
益子 直人
本 多   遼
村 上   諒
小茂鳥 潤
厨川 常元
東北大学大学院

慶應義塾大学大学院
慶應義塾大学

東北大学大学院
砥粒加工学会誌
第59巻 1号
2015
p.17~22
薄板加工におけるびびり振動抑制用動吸振器の設計方法に関する研究 内海 幸治
河野 一平
小野塚 英明
加藤 吐夢
笹原 弘之
(株)日立製作所



東京農工大学大学院
精密工学会誌
81巻、2号
(2015)
p.187~192
Non-bar, an optical calibration system for Multi-axis CNC machine tools Wenyuh Jywe
Tung-Hui Hsu
C.-H. Liu
National Formosa University
(国立虎尾科技大学)
International Journal of Machine Tools and Manufacture
Vol.59, Aug.
2012, p,16-23

2.2 工作機械技術振興賞・奨励賞

奨励賞は、例年の通り、(一社)日本機械学会各支部、(公社)精密工学会および(公社)砥粒加工学会の各学生会講演論文集より、各審査委員が分担して、審査対象として工作機械技術に関連する講演論文をそれぞれ55件、42件、15件、合計112件を抽出し、慎重な審査を経て奨励賞候補を選出、5月の理事会において表5に示す8件の研究発表を奨励賞として決定した。
対象論文は工作機械の技術の進歩に寄与するところ大であり、平成28年6月20日に開催した贈賞式で、第37回工作機械技術振興賞・奨励賞として賞状ならびに金30万円/件を贈呈し、表彰した。

これにより、当財団がこれまで(第1次から第37次まで)に贈呈した工作機械技術振興賞・奨励賞の合計は、論文数370件、受賞者数1,346名となった。

表5 第37次工作機械技術振興賞・奨励賞 所属機関50音順

発表学会 発表者・指導教官 所属機関 論文題名
砥粒加工学会 (学) 山本 寛之
稲澤 勝史
伊藤 伸英
大 森  整
加藤 照子
茨城大学
栃木県産業技術センター
茨城大学
理化学研究所
導電性ラバーボンド砥石を用いたELID研削にマイクロバブルが及ぼす影響
日本機械学会
中国四国
(学)
(学)
平床 拓也
亀井 卓哉
岡 田  晃
千葉 広樹
岡山大学


日本ガイシ(株)
新開発 CuZr ワイヤ電極の微細ワイヤ放電加工特性に関する基礎的研究
日本機械学会
関東
(学)
(学)
矢 口  翔
柴田 悟史
林  晃 生
中尾 陽一
神奈川大学 高速高剛性水静圧スピンドル開発を目的にした熱的 安定化設計
日本機械学会
関西
(学) 川俣 遼悟
栗 田  裕
大浦 靖典
田 中  昴
山本 脩平
川田 昌宏
松本 拓也
滋賀県立大学



(株)カワタテック
薄肉円筒工作物に生じる工作物変形型びびり振動
精密工学会 (学) 楠瀬 章太
笹原 弘之
中 村  崇
東京農工大学

土木研究所
切削加工の FEM 解析における迅速な材料特性の獲得と解析精度の向上
砥粒加工学会 (学)
(学)
塩島 亜木斗
清水 建吾
二ノ宮 進一
日本工業大学 切削・変形複合逐次加工に関する基礎的研究
日本機械学会
東北
(学)
(学)
羽原 秀剛
加藤 慎也
齋藤 明徳
日本大学 エンドミル加工における薄肉部品の支持方法に関する研究
日本機械学会
北海道
(学)
(学)
白川 翔吾
村岡 拓郎
吉 田  協
見山 克己
北海道科学大学 ヤスリにおける切削抵抗と工具摩耗の関係

注:(学)は卒業研究発表学生

2.3 贈賞式、講演会および祝賀激励会

本年度は、平成28年6月20日(月)、東海大学校友会館において、第37回工作機械技術振興賞・論文賞および奨励賞の贈賞式を行った。同時に、試験研究助成の対象者に対し、助成の伝達を行った。

贈賞式に続いて、工作機械技術振興賞受賞者を代表して表6に示す2件のテーマで先端技術の講演をお願いして講演会を開催した。両講演とも大好評であった。
講演会の後、約100名の出席を得て、受賞者を祝賀し激励する記念パーティーを開催した。

表6 第37次贈賞式記念講演

講演テーマ 講演者
透明体電極を用いた放電加工と電解加工の
極間現象の観察
東京大学大学院
教授 国枝 正典 氏
The calibration techniques for
5-axes CNC machine tools
台湾 国立虎尾科技大覺
学長 覺 文郁  氏

3 国際会議支援事業

3.1 海外国際会議参加支援事業

海外で開催される工作機械技術に関する国際会議に参加し、自らの試験研究の成果の発表を希望する若手の研究者や学生を支援するため、1年を4期に分け公募、支援を行った。合計9件の応募があり、諮問委員会による厳正な審査および理事長の決裁を経て、表7に示す9名の学生に対して渡航費、宿泊費、会議参加費等を支援した。

これにより、当財団がこれまで(第28次から第37次まで)に行った支援は73件73名となった。
また、提出された国際会議参加報告書は、参考資料として理事会および評議員会にてその都度全委員に配布した。

表7 第37次海外国際会議参加支援

年.期 申請者 学校名等 参加会議名 期間・場所 論文タイトル
H27.4 林 晃生 神奈川大学
工学部
特別助教
  ASME
2015
(IMECE)
2015/11/13
~11/19
Houstou,
Texas,USA
Evaluation of rotational speed control system for water driven spindle with disturbance observer
鈴木尊丸 同志社大学大学院
工学研究科
機械工学専攻
博士前期課程1年
Motion tuning method of linear axes and rotary axis under a constant cutting speed vector at end-milling point with a five-axis controlled machining center
H28.2 道上久也 大阪大学大学院
工学研究科
精密科学
応用物理学専攻
博士前期課程2年
2016
16theuspen
2016/5/30
~6/3
Nottingham,UK
Planarization of CVD grown single crystal diamond wafer by numerically controlled plasma chemical vaporization machining
木村文紀 東京大学大学院
工学系研究科
精密工学専攻
修士課程1年
Precision measurement technique for rough surface object using self-beat signals of optical frequency comb
古木辰也 同志社大学大学院
理工学研究科
機械工学専攻
博士後期課程3年
Development of magnetic polishing method with 5-axis machining center for aspherical shape
山田翔太 東京大学大学院
新領域創成科学
研究科
先端エネルギー工学専攻
博士前期課程2年
   2016
IEEE
2016//6/8
~6/10
Santa Clara,
CA,USA
Joint Torque Control for Backlash Compensation in Two-Inertia System
H28.3 段  昊
(中国籍)
東京電機大学
大学院
機械工学専攻
修士課程2年
ISAAT
2016
2016/10/2
~10/5
Stockholm,
Sweden
Quadrant protrusion measurement of ultra-precision machine tool by rea-time position capturing method
楠山順平 防衛大学校
理工学研究科
装備・基礎工学専攻
後期課程2年
Effects of Relative Velocity on Drinding Performamces under Si Wafer Rotary Grinding
嶋田慶太 東北大学大学院
工学研究科
機械機能創成専攻
助教
Stochastic simulation of Tape grinding for wafer-like workpiece

Ⅱ.庶務事項

平成27年度に行った庶務事項は、次のとおりである。

1.会議開催

1.1 理事会

開催日 場 所 議 題
第117回 平成27年8月11日(火) みなし理事会 1.平成26年度事業報告および決算 (承認事項)
2.任期満了に伴う評議員・理事の改選(承認事項)
3.定時評議員会の招集 (承認事項)
第118回 平成27年9月3日(木) 機械振興会館 1.代表理事・委員会委員等の選任 (決議事項)
2.代表理事及び業務執行理事の業務執行状況報告(報告事項)
3.その他
第119回 平成28年5月17日(火) 機械振興会館 1.第37次工作機械技術振興賞・論文賞、奨励賞および試験研究助成A、Bの決定(承認事項)
2.プロジェクト事業の実施について(承認事項)
3. 贈賞式の実施について(承認事項)                      4.代表理事及び業務執行理事の業務執行状況報告(報告事項)
5. その他
第120回 平成28年6月20日(月) 霞ヶ関ビル東海大学校友会館 1. 平成28年度事業計画および収支予算(案)
2. プロジェクト事業積立金取扱規程の制定について(承認事項)
3. ㈱牧野フライス製作所第77回定時株主総会における議決権行使(承認事項)
4. その他

1.2 評議員会

開催日 場 所 議 題
第114回 平成27年9月3日(木) 機械振興会館 1.平成25年度事業報告及び収支決算 事業報告(報告事項)収支計算等計算書類(承認事項)
2.任期満了に伴う評議員・理事の選任(決議事項)
3.代表理事及び業務執行理事の業務執行状況報告(報告事項)
4.その他
第115回 平成28年5月17日(火) 機械振興会館 1.第37次工作機械技術振興賞・論文賞、奨励賞および試験研究助成A、Bの決定(報告事項)
2.プロジェクト事業の実施について(報告事項)
3. 贈賞式の実施について(報告事項)                       4.代表理事及び業務執行理事の業務執行状況報告(報告事項)
5.その他
第116回 平成28年6月20日(月) 霞ヶ関ビル東海大学校友会館 1.平成28年度事業計画および収支予算(案)(報告事項)2. プロジェクト事業積立金取扱規程の制定について(報告事項)
3.㈱牧野フライス製作所第77回定時株主総会における議決権行使(報告事項)                                   4.その他

1.3 審査委員会

開催日 場 所 議 題
平成27年9月12日(木) 霞ヶ関ビル東海大学校友会館 1. 審査委員メンバーの紹介
2.審査委員会の運営方針について
3. 財団規則等について                                   4. 情報交換
第106回 平成28年3月10日(木) 機械振興会館 1.工作機械技術振興賞・論文賞推薦候補に選定
2.贈賞式当日の講演依頼候補の選定
3. 奨励賞審査の分担
第107回 平成28年4月12日(火) 機械振興会館   工作機械技術振興賞・奨励賞推薦候補の選定
第108回 平成28年5月12日(木) 機械振興会館  試験研究助成AおよびBの助成推薦候補の選定

1.4 諮問委員会

開催日 場 所 議 題
第1回 平成27年10月5日(月) メール 会議 平成27年4期海外国際会議参加支援(9月15日締切り分)の選考 応募2名
第2回 平成28年2月19日(木) メール会議 国際会議開催申請の審査 応募1件
第3回 平成28年4月5日(火) メール会議 平成28年2期海外国際会議参加支援(3月15日締切り分)の選考 応募4名
第4回 平成28年6月30日(木) メール会議 平成28年3期海外国際会議参加支援(6月15日締切り分)の選考 応募3名

ページトップへ戻る