財団について

公益財団法人 工作機械技術振興財団 について

当財団は、学術および科学技術の振興を目的として、株式会社牧野フライス製作所の創業者牧野常造氏らの寄付により、昭和54年(西暦1979年)7月17日通商産業(現経済産業)大臣の許可を得て設立された公益財団法人です。
平成24年(2012年)4月20日、内閣総理大臣から公益法人への移行認定を受け、公益財団法人工作機械技術振興財団となりました。
本財団は密接特民法人ではありません。

財団の目的

当財団は、工作機械の開発、生産、利用に関する基礎的、応用的な技術の開発に係る助成を通じて、工作機械の品質・性能の向上、生産および利用の改善や合理化にたずさわる研究者・技術者の養成に寄与することにより、機械産業の健全な発展に資し、もって国民経済の発展に寄与することを目的としています。

事業内容

当財団は、次のような助成事業を行っております。

論文表彰事業

工作機械技術に関連する論文の中から、新規性、独創性、産業への応用性などを勘案し、優秀な論文に対し、工作機械技術振興賞として2種の賞を贈り、これを表彰しています。

論文賞

大学、高専、公的研究機関および企業の研究者などを対象に、工作機械の発展・進歩に大きな貢献が期待できる独創的な論文に対し表彰します。

将来の工作機械の発展をになう人材育成の一助として、優秀な卒業論文を発表した学生およびその指導教官に対し表彰します。

 

試験研究助成事業

大学、試験研究機関の学者、研究者等のおこなう工作機械の技術に関する研究試験の促進をはかるため、工作機械の発展進歩に大きな貢献が期待できる試験研究に対して助成金を交付しております。また、その成果は試験研究報告書として工作機械技術関係者に配布しております。

試験研究A

大学、高専、公的研究機関および企業の研究者などを対象に、工作機械関連団体からの推薦および公募により募集しております。

試験研究B

博士後期課程に在学中あるいは同課程に進学予定の学生を対象に公募しております。

海外国際会議参加支援

研究者・技術者の育成に寄与するため、海外で開催される工作機械に関する国際会議に参加し、自らが行った研究・開発の成果を発表したいと希望する若手研究者に対して、会議参加費、渡航費などを支援します。

国際会議開催支援

当財団が助成の対象とする研究分野において、権威のある機関または団体が主催する、2年以内に国内で開催される国際会議の開催費用の一部を助成し支援します。

国際会議調査研究支援

国内で開催される国際会議において、工作機械の技術に関する調査研究、または海外の工作機械技術開発動向等の情報収集を目的とする調査研究を支援します。

ページトップへ戻る